マインドマップ

最近マインドマップ作成ツールをiMindMapからmindmeisterに乗り換えたのですが、今日驚きの機能を見つけてしまい衝撃を受けています。

この衝撃、いや感動とも言える機能を早速共有したくて、記事を書いています。

mindmeisterってどんなツール??

mindmeisterはWebブラウザ上でMindMapを作成出来るツールです。 

 mindmeisterを始める!

長い間、自分は思考ツールとしてのマインドマップを愛用しており、基本的には手書きのマインドマップを作成し、頭の中を整理する習慣があるのですが、手書きのマインドマップを保存するためのツールとしてデジタルマインドマップツールを使用しております。

自分は、更新頻度こそ今ひとつですがブログを運営しており、情報発信をしております。 記事を書く上で、文章の構成・書きたい事をマインドマップ上に並べ推敲し文字を書き起こす習慣があり、せっかく作成したマインドマップをブログ上にも埋め込めたらなーって思っていたところついにその方法を見つけました。

mindmeisterで作成したマインドマップを共有する方法

マインドマップを作成し、共有を行う方法は簡単で、マインドマップ作成画面の下部にある【共有】ボタンをクリックします。

 Image from Gyazo

 Image from Gyazo

シェアの方法は、いろいろなパターンが用意されていて Eメールによる共有(人々を招待) Eメールによる招待、この機能を使うと共有したメンバーとともにリアルタイムにマインドマップを共同で編集する事が出来ます。

残念ながらこの機能をまだ使用した経験がないので便利さを実感出来ておりません。

URLリンクによる共有

マップにアクセスする事が出来るURLリンクを取得することで共有可能です。 URLを個別に取得出来るため、どのような形でも共有可能ですね!

ソーシャルメディア

SNS用として既存で準備されているボタンとして、Facebook、Twitter、Pinterestがあります。 最後のPinterestというサービス自体自分は知らないので参考リンクを載せておきます。

参考 Pinterest(ピンタレスト)とは? インスタグラムとの違いや基本的な使い方を知ろう

共有について更に細かな設定をすることが出来ます。

発行の設定

Image from Gyazo

コピーと書き出しを許可 この項目にチェックを入れることで共有された人がマインドマップをコピーして自分用に使用することが出来ます。 誰もが編集できます この項目にチェックを入れることで、共有したマスターマインドマップ原本を誰でも編集が可能となります。ちょっとこの機能はどう使っていいのか分かっていませんが、チーム内のメンバーと共有し、同時にブレインストーミング等に使用可能であると思っています。

シェア設定

シェア設定にて共有された人にどこまでの権限を与えるかを設定出来ます。 閲覧のみなのか、編集可能なのかという設定をこの項目で選択出来ます。

Image from Gyazo

最後に一番感動した機能はコレだ!!ブログに埋め込む!!

ブログに埋め込んで共有することにより、マスターマインドマップを編集すると埋め込まれたマインドマップもリアルタイムで更新される仕様となっています。 コレ凄くないですか!! 最新情報にいち早く更新されるため入り直す手間がいりません。

埋め込みリンクの取得方法は、マップを埋め込みってところをクリックするとリンクが生成されます。

Image from Gyazo

ライブアップデート有効にチェックを入れるとリアルタイムで更新が反映されるようになります 逆に、アップデートはいらないよってマップは、プレゼントとして埋め込むでいいのかな? この点はまだ未実施のため不明です。 後は、生成された埋め込みコードをブログ上に貼り付けて完了!! ここ最近で一番感動した機能でした。凄くないですか!!

WorkFlowy