今話題のキャッシュレス決済って!?なんでポイント還元をしてくれるんだっけ??




2019年10月より消費増税に伴う、キャッシュレス決済のポイント還元制度について

2019年10月1日より消費税が8%から10%へ引き上げられました。この消費税率のUPに伴い、経済産業省が消費者の購買意欲停滞の抑制対策として打ち出しているのが、キャッシュレス決済を使用することによるポイント還元制度である。

↓経済産業省の公式HP参照

キャッシュレス決済ポイント還元制度について

キャッシュレス・ポイント還元事業

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引き上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引き上げ後の9ヶ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

消費者還元対象期間
2019年10月〜2020年6月(9ヶ月間)
対象決済手段
クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなどの電子的に繰り返し利用できる決済手段
Image from Gyazo

消費増税による購買意欲の低下はある程度予測できるが、どうしてキャッシュレス決済の普及の方向へ舵を切っているのかはいまいち良くわからない。

確かに、現金を使うよりはキャッシュレス決済を使用するほうが消費者としては楽に支払いが完了できるため普及はして欲しいとは個人的には思っています。

今のキャッシュレス決済のごり押しの政策には、「キャッシュレス・ビジョン」というモノが関連しているようです。

キャッシュレス・ビジョンとは??

2020年に開催される東京オリンピックを視野に入れたキャッシュレス決済の普及による決済の利便性・効率性の向上を掲げており、2027年までにキャッシュレス決済比率を40%程度まで引き上げることを目標としている。

また、海外と比較してキャッシュレス決済の普及率で日本は遅れをとっていることもあり、2020年開催のオリンピックを見据えてInbound需要のとリ込みをもくろんでいるモノと考えられる。

消費増税をトリガーとして、一気にキャッシュレス決済のインフラ整備と消費者への普及を目指しての施策といえる。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください