新型コロナウイルス感染拡大の中で、できることとは?

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、外出自粛の対策が全国的に実施されています。
新型コロナウイルスとの戦いは長期戦となる見込みが強くなってきておりこの外出自粛が続く中での日常生活を取り戻すことが重要な課題となりつつあります。

With コロナ(コロナウイルスとともに生活するフェーズへ)
新型コロナウイルスの感染抑制フェーズが失敗に終わり、感染拡大フェーズに突入しつつある現在において外出自粛がデフォルトとなる日常が長期的に継続する見込みが高くなってきました。

では、外出自粛の中でも自分たちの生活を豊かなものにする方法を考えてみる。

外出の自粛は、新型コロナウイルスに感染しない・感染を広げないという意味で重要である。ただ、この自粛期間がいつ終わるかは誰にも予測することはできない。
一ヶ月後かもしれないし、半年後。もしかしたら1年後もまだ終息していない可能性も大いに考えられる。

自分が思うには、この自粛期間・コロナウイルスとの戦いの中で世の中の状況は大きく変化を遂げると考える。これは人類の価値観を変えるほどのインパクトをもつ歴史的な出来事となるのは間違いない。

自分の職場でもコロナウイルス感染拡大につれて仕事の仕方の変化を余儀なく迫られている。
いくつかのプロジェクトは一時停止となり再開時期は未定となってしまっている。

コロナウイルスだから仕方ない。この考え方は間違ってはいないと思う。だけど、ちょっと考えてみて欲しい。コロナウイルスの終息時期が見えない中、仕方ないで終わらせて良いのだろうか?こんな時だからこそ自分の中の価値観を見直す必要があるのではないかと自分は思う。

どれだけこの状況でできることをやるか、これが今自分たちがするべきことで、一番考えなければならないことだと思う。

できることを、ひとつずつ。前に進もう。