Adalo

WEBアプリ(ブラウザから利用するアプリ)だけでなく、ネイティブアプリ(APPLEのAPP STOREやGOOGLE PLAYから、ダウンロードして使うアプリ)も作ることができます。